諏訪市原田泰治美術館 開館20周年


今年で諏訪市原田泰治美術館は20周年を迎えました。
記念すべき節目の今年は、企画展やイベントが目白押しとなります。

まずは3月1日(木)~7月29日(日)に企画展
【原田泰治が描く 美しい日本の童謡・唱歌展】が開催されます。
3月3日(土)10時から同企画展のオープニングセレモニーが開催され、原田泰治先生によるギャラリートークも予定しております。

この企画展は、昔懐かしい童謡・唱歌100曲を基に原田先生が描いた原画と、
歌のイメージをふくらませてデザイン的に構成した「切り抜き重ね絵」という原田先生が編み出した技法で制作された作品の合計100点を展示する大ボリュームの企画展です。
歌詞のパネルが作品の近くに展示されるので、童謡・唱歌を知らなくても楽しむことができます。
作品を見ることにより歌詞の風景が目の前に詩情あふれる光景として広がって見え、ご家族やご友人と童謡・唱歌、作品をより楽しむことができる企画展となっています。
原田泰治先生は、この企画展をきっかけに童謡・唱歌を口ずさんでくれる人が増えれば嬉しいと話しています。
ぜひ20周年を迎えた諏訪市原田泰治美術館に、お出掛けください。

長野日報社の記者の方が開館20周年について取材をして記事にしてくださいました。
記事はこちらからご覧いただけます。

今後も企画展に続き20周年の情報をお知らせしますので、原田泰治公式ウェブサイトをチェックしてみてください。

企 画 展:【原田泰治が描く 美しい日本の童謡・唱歌展】
期  間:3月1日(木)~7月29日(日)
イベント:同企画展オープニングセレモニー・原田泰治先生によるギャラリートーク
日  時:3月3日(土) 10時~
場  所:諏訪市原田泰治美術館

企画展に関するお問合せ先
「諏訪市原田泰治美術館」月曜休館
TEL:0266-54-1881
URL:http://www.taizi-artmuseum.jp/

 

諏訪湖 御神渡の出現

あさ2月2日(金)に諏訪湖に御神渡(おみわたり)が出現したと発表されました。
諏訪市にある八剱神社が御神渡の判定と神事を代々執り行っています。
2013年1月以来、5季ぶりに現れた御神渡に諏訪の人々から喜びの声があがっています。

御神渡は諏訪湖が全面結氷し、ー10度程の気温で数日冷され続けると氷の厚みが増していき、更に昼夜の寒暖差で氷が膨張と収縮を繰り返し、大きな轟音とともに氷が裂け南から北にかけ氷が隆起する自然現象です。
この氷の筋を上社の男神さまが渡り、対岸の下社の女神さまに会いに行くというロマンチックな言い伝えがあります。
本日2月5日は拝観式が執り行われ、県外の方たちも多く訪れていたため諏訪湖周辺はとても賑わっていました。

原田泰治美術館から近い御神渡は二之御神渡です。
この寒い日が続く時期だけですが、諏訪湖畔にある原田泰治美術館の2階のティールームから結氷した諏訪湖がよく眺められます。冬の風物詩のひとつでもあります。
御神渡ができた年の諏訪地域はとても冷え込み寒さが厳しいので、お越しの際は暖かくしてお出掛けください。

朝、一之御神渡を撮影してきました。
天候にも恵まれ青く高い冬空と御神渡を見ることができました。

諏訪湖の氷は、ところどころ厚さが異なり乗ると割れる恐れがあり、
大変危険ですので乗らないようにしてください。

寒中お見舞い申し上げます

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

寒さが増すこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
長野県諏訪市では昨日ついに諏訪湖が全面結氷しました。

冬の諏訪湖といえば御神渡(おみわたり)です。
御神渡というのは、諏訪湖が全面結氷し更に氷点下10度程の寒さで湖が数日冷され続けると氷が盛り上がり、一本の道の様に割れる事をいいます。
この氷の道を神さまが渡るという言い伝えから諏訪では御神渡と呼ばれ冬の名物として昔から親しまれてきました。

昔は冬になれば当たり前に見られた風景ですが、近年は希になって参りました。
今年は氷点下の冷え込みが続けば5季ぶりに見事な御神渡が見られるかもしれないと、諏訪の人々も期待をしています。

御神渡の期待が高まる諏訪湖を一望できる「諏訪市原田泰治美術館」も今年は開館20周年という大きな節目の年を迎えました。

大きな企画やイベントなど目白押しの年となります。
原田泰治美術館のサイトでは勿論のこと、原田泰治公式ウェブサイトでも随時お知らせしてまいります。
本年も皆様に楽しんでいただけるような情報をお届けいたいます。

諏訪市原田泰治美術館ともに原田泰治公式ウェブサイトをよろしくお願いいたします。

タンチョウ
タンチョウ

第10回 わたしの「ふる里自慢」絵画コンクール 入賞作品展示

今月12日、綿半グループ主催 【第10回 わたしの「ふる里自慢」絵画コンクール】の入賞作品が決定しました。

入賞作品を諏訪市原田泰治美術館【ギャラリーさざなみ】にて展示中です。
期間は12月13日(水)~1月14日(日)です。

入賞作品展示の様子 最優秀賞「紅玉がんばれ」遠藤 響さん

総応募数1,852点にも及び、厳正な審査の結果46作品が入賞しました。
原田泰治先生は審査委員長をつとめられています。
年々、応募してくる作品のクオリティが高まってきていて、とても楽しみだと語られました。

・入賞作品はこちらから覧いただけます
http://furusatojiman.jp/gallery/2017.html

小中学生の、のびのびと描かれた作品を美術館に見に来てくださいね。

期 間:2017年12月13日(水)~2018年1月14日(日)
お問合せ:諏訪市原田泰治美術館へ
〒392-0010 長野県諏訪市渋崎1792-375
TEL:0266-54-1881

切手にひろがる心の風景Ⅱ

※2017年10月4日に公開した記事ですが、展覧会の期間変更のため修正して2017年12月15日に再度公開しました。

本日10月4日(水)から諏訪市原田泰治美術館にて
原田泰治が描く 切手にひろがる心の風景Ⅱ」が開催されています。

切手「ふるさと心の風景」は郵政民営化をきっかけに
「新生ふるさと切手」として2008年に第1集が発行され
2011年までに第10集まで展開されました。
本展覧会は「ふるさと心の風景」で使用された
昔なつかしい全国のふるさとの風景の原画や、郵便ポストのある風景など
切手シリーズのために描き下ろされた原画が展示されています。

今回は前切手展には展示されなかった第4集から第10集までの
春、花、祭り、北海道編、東北編、関東編、甲信越編といったシリーズの
原画30点を切手とともに展示しています。

合わせて、「絵画キルト大賞作品展」も同時開催中です。
「原田泰治さんの絵をキルトにしてみたい」というキルト愛好家の皆様の想いに応えて始まりました。
一針一針ていねいに縫い上げられ、手仕事の暖かさが伝わってくるキルト作品の数々。
今回のキルト展では第1回から第13回までのキルト大賞から
最優秀賞・優秀賞・原田泰治賞受賞作品を原画とともに展示しています。

 

「原田泰治が描く 切手にひろがる心の風景Ⅱ」
2017年10月4日(水)~2018年2月25日(日)
※次回展示の都合により展示期間が変更になりました。ご了承ください。

「原田泰治の世界をキルトで遊ぶ 絵画キルト大賞作品展」
2017年9月15日(金)~2018年2月25日(日)

どちらも諏訪市原田泰治美術館にて開催中です。
休館日 月曜日(祝日開館)・展示替え日・年末年始12月28日~1月1日
お問合せは「諏訪市原田泰治美術館
TEL0266―54―1881まで

 

第30回 椋鳩十 夕やけ祭 記念講演会

 

長野県飯田市喬木村の喬木村福祉センターにて「第30回 椋鳩十 夕やけ祭」が開催されます。
30回目と節目を迎える夕やけ祭で、椋鳩十先生と生前交流が深くあった原田泰治先生が記念講演会の講師をつとめます。

講演のテーマは「椋先生との出会い」。
椋鳩十先生と原田泰治先生の出会いや、数々の思い出等が語られる予定です。

今夕やけ祭は学生の読書感想文の表彰式や、
椋鳩十記念館制作の大型紙芝居「生きておったんな!」のアトラクションがあります。
入場は無料です。
どうぞご家族、ご友人お誘いあわせのうえ、ご来場ください。

日  時:11月25日(土)13:30~16:30
講演時間:15:00~16:30
場  所:長野県下伊那郡喬木村6677
喬木村福祉センター2F 多目的ホール
お問合せ:椋鳩十記念館・記念図書館
TEL 0265-33-4569
詳しくは喬木村イベントページ

 

雑誌”パトス”プレゼント企画※終了しました

株式会社ポリッシュ・ワークから発行されている雑誌“パトス(voL.107 2017 Nov.)”を5名様にプレゼントいたします。
※終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

原田先生のカラー8ページに及ぶロングインタビューと貴重な絵の制作風景が写真で紹介されていて、大変見ごたえのある内容です。
更に、原田先生インタビューページに先生の直筆サインを入れてプレゼントいたします。

1982年頃、全国を飛び回り自らの足で取材をし朝日新聞日曜版の一面に載る絵を毎週仕上げるという大きなお仕事を受けられていた時代がありました。肉体的、精神的にも大変な状況の中、如何にして絵筆をふるい絵を描かれてきたか、その時の心情なども掲載されています。

雑誌“パトス”は年6回、奇数月に発行されています。パトスとはギリシャ語で情熱という意味なのだそうです。
原田先生のおおらかで、包みこまれるような人柄が溢れ出ているインタビューです。

たくさんの御応募、お待ちしています。

【応募方法】
原田泰治公式ウェブサイト CONTACT(お問合せフォーム)にて必要事項を記入のうえ、御応募下さい。
応募期間:2017年11月13日(月)~2017年11月30日(木)まで。

【必要事項】*記入必須
・*お名前
・*メールアドレス
・*ご住所
・*お電話番号
・ご年齢
・*CONTACT(お問合せフォーム)の題名に「パトスプレゼント応募」とご記入ください

【注意事項】
ご記入内容は、お間違えのないようお願い致します。
ご住所を明記されていない場合は無効となる場合があります。
当選の発表は発送をもって代えさせていただきます。御了承ください。
プレゼントの発送は日本国内のみとさせていただきます。

御応募いただきました、個人の情報は「雑誌“パトス”プレゼント企画」の抽選と発送のみに使用し、企画終了とともに破棄をいたします。

 

講談社「おはなし隊」が原田泰治美術館にやってきます

諏訪市原田泰治美術館に講談社「おはなし隊」がやってきます。

キャラバンカーには550冊もの絵本が積みこんであり、ご自由にお読みいただけます。
また絵本の読み聞かせもあり、親子で楽しむことができます。

秋は本にふれたくなる季節ですね。
たくさんのすてきな絵本に出会いに来てください。

日  時:11月5日(日)10:30~
参 加 費:「おはなし隊」のみ参加される場合は無料
対  象:2~8歳(小学校低学年まで)
お申込み:必要 11月4日(土)までに諏訪市原田泰治美術館へ
TEL:0266-54-1881(定員になり次第締め切ります)
お問合せ:諏訪市原田泰治美術館
TEL:0266-54-1881まで

イベントの詳細につきましては、こちらをご参照ください
諏訪市原田泰治美術館おはなし隊ページ
http://www.taizi-artmuseum.jp/news/2017/10/post-91.php

講談社 本とあそぼう「全国訪問おはなし隊」
http://www.kodansha.co.jp/ohanashi/

 

 

丹波市展覧会ギャラリートーク・サイン会

丹波市立 植野記念美術館にて開催中の「原田泰治が描く にっぽんの童謡・唱歌展」のギャラリートークとサイン会イベントが開催されます。
原田泰治先生が来館され、自ら絵の説明をいたします。
また、サイン会はミュージアムショップにて関連グッズをお買い上げいただいた方に限りサインをいたします。
どうぞこの機会に「原田泰治が描く にっぽんの童謡・唱歌展」へお越しください。

会 場 丹波市立 植野記念美術館
日 時 平成29年10月15日(日)
    ・ギャラリートーク 13時30分より
    ・サイン会 15時より
予 約 不要
参加費 無料[但し別途観覧料が必要です]
※サイン会は当日ミュージアムショップにて商品をお買い上げの方のみとさせていただきます。

オリジナルカレンダー2018

2018年版オリジナルカレンダーができました。

表紙      

 

6枚もののカレンダーで、6枚の絵がそれぞれの季節を彩ります。
数字も大きく見やすいカレンダーとなっています。

サイズ 540×363(㎜)
価格  1,620円(税込)

お買い求めになりたい方は「諏訪市原田泰治美術館」または、お取り扱いのある長野県内の「平安堂」にて、お求めください。

諏訪市原田泰治美術館 http://www.taizi-artmuseum.jp/
お問合せ先 TEL : 0266-54-1881

記事下に6枚の絵とそれぞれ絵の説明を載せてみましたので、ご参考になれば幸いです。

続きを読む →