ご好評につきGWも特別感謝デー開催

特別感謝デー追加開催

ご好評につき開館20周年特別感謝デーが追加開催されることが決定しました。
5月5・6日 午前11時~午後3時に原田先生が来館されます。

4月は残すところ27日のみとなりました。
4月はご都合がつかなかった方も絶好のチャンスです。
大型連休にご家族やご友人と一緒に諏訪市原田泰治美術館へご来館いただき、
原田泰治先生と楽しいふれあいの時間をお過ごしください。

また5月5日(土)はイベントが2つ開催されます。

■大型紙芝居読み聞かせ
原田先生作、さだおばさん・とうちゃんのトンネル・やまのおみやげの
絵本3作品を大型紙芝居にて読み聞かせが行われます。
原田先生の絵本の世界をお楽しみください。

■「岡谷熟年歌唱会」による童謡を披露
2018年は童謡が誕生してから100周年目になるそうです。
古き良き童謡を「岡谷熟年歌唱会」の皆さんの素敵な歌声でお聴きいただけます。

お時間等は、諏訪市原田泰治美術館ホームページにてご確認ください。

 

開館20周年特別感謝デーもうすぐ終了

開館20周年特別感謝デー

本日、諏訪市原田泰治美術館にて開館20周年特別感謝デーが開催されています。

11時~15時まで原田先生が来館され、
写真や握手、サイン等、先生とふれあいの時間をお楽しみいただけます。
原田先生も皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

開館20周年特別感謝デーも本日と27日(金)の2日間となりました。

ご来館いただき原田泰治先生との素敵な思い出にしてください。

写真提供 長野日報社

 

SBC ずくだせテレビ

諏訪市原田泰治美術館に“ザ・たっち”のお二人が原田泰治先生を訪ねて来館されました。
一緒に館内を周り、美術館や絵について楽しくお話しをしながら撮影が行われました。

SBC信越放送「ずくだせテレビ」にて放送されます。
放送日時は4月17日(火)13:55~15:50です。
番組の時間内に放送されますので、お見逃しなく。

原田先生とザ・たっち

美術館開館20周年記念コンサート決定

オカリナ奏者 宗次郎さんのコンサートと、
さだまさしさんのアコースティックコンサート開催が決定いたしました。

以前から原田泰治先生と交流の深いお二人が、原田泰治美術館開館20周年のために駆けつけてくださいます。

宗次郎さんは原田泰治美術館にてオカリナの生演奏をしてくださいます。
柔らかく深いオカリナの美しい音色と、ふる里を描き続けている原田泰治先生の作品と調和した素敵なコンサートになります。
さだまさしさんは、諏訪市原田泰治美術館の名誉館長です。
諏訪市文化センターにてアコースティックコンサートが行われます。
明るく楽しいトークのさだまさしさんのコンサートで、心豊かなひとときを過ごしましょう。

◆宗次郎オカリナコンサート
6月2日(土)開演14:00
会場:諏訪市原田泰治美術館
料金:お一人 2,800円(美術館入館料込)

◆さだまさしアコースティックコンサート
7月18日(水)開演18:30
会場:諏訪市文化センター
料金:お一人 8,640円(美術館入館料込)

■お申込み方法
往復はがきにてお申し込みください。
[往信] 表面に申し込み先を記入し、裏面にコンサート名・住所・氏名・電話番号・希望人数をご記入ください。
一枚の往復はがきでお申し込みいただける人数は
・宗次郎オカリナコンサート4名様まで
・さだまさしアコースティックコンサート2名様まで
[返信] 表面に宛名を明記し裏面は白紙のままお送りください。

■申込先
〒392-0010 長野県諏訪市渋崎1792-375
諏訪市原田泰治美術館
担当:土田

■申込期間(消印有効)
・宗次郎オカリナコンサート
4月10日(火)~4月30日(月)
・さだまさしアコースティックコンサート
5月10日(木)~5月31日(木)

■お支払い方法
返信はがきにてお知らせいたします。

※注意事項※
未就学児のご入場不可。
応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。
宛先等、お間違いのないようお申込みください。
お申し込み方法は往復ハガキのみでの受付となります。
当ウェブサイトや諏訪市原田泰治美術館へのメール、お電話ではお申込みできません。

詳しくは、諏訪市原田泰治美術館へお問合せください。
TEL:0266-54-1881

 

開館20周年特別感謝デーイベント

4月の第二週以降の火曜日と金曜日は、諏訪市原田泰治美術館開館20周年特別感謝デーイベントが開催されます。

イベント中は原田泰治先生が美術館に来館され、握手・写真・サイン会など先生とふれあいの時間をお楽しみいただけます。
美術館に前から行ってみたいと思っている方や、いつ行こうかお悩みの方、何度も足を運んだけど原田先生にお会いできなかった方など、
イベント開催中に来ていただければ原田先生とお会いできます。
絵は知っているけど、どんな人なのだろう?と思っている方もこの機会にぜひご来館ください。
先生とふれあった後は、より暖かい気持ちで原画を見ることができるかもしれません。

ご都合がつく方は諏訪市原田泰治美術館にお越しください。
お待ちしております。

月 日:4月10(火)・13(金)・17(火)・20(金)・24(火)・27(金)

時 間:午前11時~午後3時

場 所:諏訪市原田泰治美術館

※都合により、日程が変更となる場合がございます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

詳しくは諏訪市原田泰治美術館にお問合せください。

 

原田泰治が描く 美しい日本の童謡・唱歌展

本日より【原田泰治が描く 美しい日本の童謡・唱歌展】がオープンいたしました。
3月3日(土)10時から同企画展のオープニングセレモニーが開催され、原田泰治先生によるギャラリートークも予定しております。
当日ご都合がつく方は、ぜひご参加ください。

童謡・唱歌に合わせ原田先生が描き上げた暖かいふるさとを感じられる原画と、さらに歌のイメージをふくらませてデザイン的に構成した「切り抜き重ね絵」という原田先生が編み出した技法で制作された作品が展示されます。

歌詞の中に登場する人や動物、草木などを作品の中から探したり、より詩情を感じられ楽しむことができる企画展となっています。
この企画展をきっかけに童謡・唱歌を口ずさんでくれる人が増えれば嬉しいと原田先生は話しています。

また、開館20周年に合わせて新商品も発売となりました。
ぜひチェックして見てください。新商品の紹介はこちら

開館20周年を迎えた諏訪市原田泰治美術館に、お出掛けください。

企 画 展:【原田泰治が描く 美しい日本の童謡・唱歌展】
期  間:3月1日(木)~7月29日(日)
イベント:同企画展オープニングセレモニー・原田泰治先生によるギャラリートーク
日  時:3月3日(土) 10時~
場  所:諏訪市原田泰治美術館
休 館 日:月曜日 ※臨時休業をいただく場合がございます。詳しくは美術館へお問合せください。

企画展に関するお問合せ先
「諏訪市原田泰治美術館」月曜休館
TEL:0266-54-1881
URL:http://www.taizi-artmuseum.jp/

開館20周年記念 新商品 

3月に入り春雷が鳴り始めた諏訪は、ようやく春の気配が感じられるようになりました。

本日から開館20周年記念【原田泰治が描く 美しい日本の童謡・唱歌展】がオープンしています。
この記念企画展に合わせ新商品「絵はがき用額」「複製画4種類」が新たに美術館のショップで販売されることになりました。

どちらの商品も諏訪市原田泰治美術館のみのお取り扱いとなります。

絵はがき用額は現在販売されている絵はがきセット5種類のサイズ、雰囲気にぴったり合う卓上型の額です。
後ろの脚部は回転させることができるため絵はがきのタテ版ヨコ版どちらにも対応しています。
フレームの色は白、サイズ180×136(㎜)となります。
内側に厚手の紙マットが入っていて、絵を飾る額の様に制作されています。
絵はがきを入れて飾ると可愛らしいサイズの絵を飾ってあるように見えます。
絵はがきを購入したけど勿体無くてなかなか使えないという方は、額に入れてお部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。

絵はがき用額

複製画は皆さまからのお問合せや、ご要望が多かった[セントラルパーク]と、今企画展に展示されている原画から[駄菓子][遠足][みかん集落]の合計4種類がミュージアムショップに新たに加わりました。
複製画は色鮮やかに印刷されていて、A3サイズ程の大きさとなっています。
童謡・唱歌を口ずさみながら、皆さまのお手元に飾って楽しんでいただけましたら嬉しいです。

セントラルパーク

遠足
みかん集落

駄菓子

※実際の色味とは異なる場合があります。

お取り扱いは諏訪市原田泰治美術館のみとなります。
TEL:0266-54-1881

諏訪市原田泰治美術館 開館20周年


今年で諏訪市原田泰治美術館は20周年を迎えました。
記念すべき節目の今年は、企画展やイベントが目白押しとなります。

まずは3月1日(木)~7月29日(日)に企画展
【原田泰治が描く 美しい日本の童謡・唱歌展】が開催されます。
3月3日(土)10時から同企画展のオープニングセレモニーが開催され、原田泰治先生によるギャラリートークも予定しております。

この企画展は、昔懐かしい童謡・唱歌約100曲を基に原田先生が描いた原画と、
歌のイメージをふくらませてデザイン的に構成した「切り抜き重ね絵」という原田先生が編み出した技法で制作された作品を合わせて100点近く展示する大ボリュームの企画展です。
歌詞のパネルが作品の近くに展示されるので、童謡・唱歌を知らなくても楽しむことができます。
作品を見ることにより歌詞の風景が目の前に詩情あふれる光景として広がって見え、ご家族やご友人と童謡・唱歌、作品をより楽しむことができる企画展となっています。
原田泰治先生は、この企画展をきっかけに童謡・唱歌を口ずさんでくれる人が増えれば嬉しいと話しています。
ぜひ20周年を迎えた諏訪市原田泰治美術館に、お出掛けください。

長野日報社の記者の方が開館20周年について取材をして記事にしてくださいました。
記事はこちらからご覧いただけます。

今後も企画展に続き20周年の情報をお知らせしますので、原田泰治公式ウェブサイトをチェックしてみてください。

企 画 展:【原田泰治が描く 美しい日本の童謡・唱歌展】
期  間:3月1日(木)~7月29日(日)
イベント:同企画展オープニングセレモニー・原田泰治先生によるギャラリートーク
日  時:3月3日(土) 10時~
場  所:諏訪市原田泰治美術館

企画展に関するお問合せ先
「諏訪市原田泰治美術館」月曜休館
TEL:0266-54-1881
URL:http://www.taizi-artmuseum.jp/

 

諏訪湖 御神渡の出現

あさ2月2日(金)に諏訪湖に御神渡(おみわたり)が出現したと発表されました。
諏訪市にある八剱神社が御神渡の判定と神事を代々執り行っています。
2013年1月以来、5季ぶりに現れた御神渡に諏訪の人々から喜びの声があがっています。

御神渡は諏訪湖が全面結氷し、ー10度程の気温で数日冷され続けると氷の厚みが増していき、更に昼夜の寒暖差で氷が膨張と収縮を繰り返し、大きな轟音とともに氷が裂け南から北にかけ氷が隆起する自然現象です。
この氷の筋を上社の男神さまが渡り、対岸の下社の女神さまに会いに行くというロマンチックな言い伝えがあります。
本日2月5日は拝観式が執り行われ、県外の方たちも多く訪れていたため諏訪湖周辺はとても賑わっていました。

原田泰治美術館から近い御神渡は二之御神渡です。
この寒い日が続く時期だけですが、諏訪湖畔にある原田泰治美術館の2階のティールームから結氷した諏訪湖がよく眺められます。冬の風物詩のひとつでもあります。
御神渡ができた年の諏訪地域はとても冷え込み寒さが厳しいので、お越しの際は暖かくしてお出掛けください。

朝、一之御神渡を撮影してきました。
天候にも恵まれ青く高い冬空と御神渡を見ることができました。

諏訪湖の氷は、ところどころ厚さが異なり乗ると割れる恐れがあり、
大変危険ですので乗らないようにしてください。

寒中お見舞い申し上げます

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

寒さが増すこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
長野県諏訪市では昨日ついに諏訪湖が全面結氷しました。

冬の諏訪湖といえば御神渡(おみわたり)です。
御神渡というのは、諏訪湖が全面結氷し更に氷点下10度程の寒さで湖が数日冷され続けると氷が盛り上がり、一本の道の様に割れる事をいいます。
この氷の道を神さまが渡るという言い伝えから諏訪では御神渡と呼ばれ冬の名物として昔から親しまれてきました。

昔は冬になれば当たり前に見られた風景ですが、近年は希になって参りました。
今年は氷点下の冷え込みが続けば5季ぶりに見事な御神渡が見られるかもしれないと、諏訪の人々も期待をしています。

御神渡の期待が高まる諏訪湖を一望できる「諏訪市原田泰治美術館」も今年は開館20周年という大きな節目の年を迎えました。

大きな企画やイベントなど目白押しの年となります。
原田泰治美術館のサイトでは勿論のこと、原田泰治公式ウェブサイトでも随時お知らせしてまいります。
本年も皆様に楽しんでいただけるような情報をお届けいたいます。

諏訪市原田泰治美術館ともに原田泰治公式ウェブサイトをよろしくお願いいたします。

タンチョウ
タンチョウ