東京都の青梅市立美術館で展覧会が開催されます。

2022年9月17日[土]より青梅市立美術館にて
[特別展]ふる里の心を描き続けて55年 原田泰治の世界
が開催されます。

チラシ







多くの皆さまのご来館をお待ちしております。
チラシ 裏面等 他の画像はブログで確認いただけます。原田泰治公式ブログ


開館時間:午前9時〜午後5時[入館は午後4時30分まで]
休館日:月曜日[ただし、9月19日、10月10日は開館し、9月20日(火)と10月11日(火)を休館とします]
入館料:大人[800円]  小・中学生[400円]
青梅市立美術館 
〒198-0085 東京都青梅市滝ノ上町1346
TEL:0428-24-1195

◆原田泰治オフィシャルブログ http://taiziharada.sblo.jp
◆原田泰治ネットショップ https://taichan80.stores.jp

[終了しました] 飯田市 伊賀良公民館で追悼展覧会が開催されます。[会場の様子について追記しました。]

飯田市の伊賀良公民館にて
有志の皆様による原田泰治を偲ぶ手作りのあたたかい展覧会が開催されます。

タイトル [原田泰治さん 心のふるさと展] 〜原田泰治さんを偲んで〜
会期 2022年6月12日[日]〜6月18日[土]迄
時間 8時30分〜17時15分 (展示コーナーは21時30分まで)
会場 [伊賀良公民館 第1会議室 展示コーナー] 長野県飯田市大瀬木570−1 
           TEL:0265-25-7311
主催 伊賀良まちづくり協議会

[テレビ番組内でふれあった子供達との思い出]や[親しい方に贈られた物]
[襖いっぱいに描かれた絵や書]など 
手作りながらも、通常の展覧会では決して見ることの出来ない
私達スタッフも見た事のない貴重で特別な品々が展示されます。
原田泰治マニアの方にもおすすめの特別な展覧会です。

この機会に とうちゃんのトンネルにも描かれ、
幼少期を過ごした原田泰治の聖地とも言える
[伊賀良村]へ是非足を運んでみてください

展覧会が始まりましたら、ブログ内で会場の様子を追ってご紹介させて頂きます。

※原田泰治公式ブログ内に会場の様子のリポートををアップいたしました。
こちら→  http://taiziharada.sblo.jp/article/189601340.html


◆原田泰治公式ブログ http://taiziharada.sblo.jp
◆原田泰治ネットショップ https://taichan80.stores.jp

 

思い出の色紙襖絵
油絵

[終了しました]長崎県 展覧会情報 [会場の様子を追記しました]

諏訪市 原田泰治美術館 名誉館長で親友でもあった、さだまさしさんの呼びかけで
ナガサキピースミュージアムにて、追悼展覧会が開催されます。

是非、平和への祈りと共に [原田泰治の世界]をお楽しみ下さい。
少量ですがグッズの販売も行われます、入館は無料です。

◆展示会場の様子をブログに掲載いたしました◆
http://taiziharada.sblo.jp/article/189575058.html


2022年5月24[火]〜6月19日[日]
休館日:5/30[月]・6/6[月]・6/13[月]
開館時間:9:30〜17:30  最終日6月19日[日]は14:00閉館になります

お問い合わせ:ナガサキピースミュージアム TEL:095-818-4247
ホームページ:http://www.nagasakips.com

◆ 原田泰治公式ブログ http://taiziharada.sblo.jp
◆ 原田泰治ネットショップ https://taichan80.stores.jp

企画展開催予告【ふるさと日本百景】・【椋鳩十と原田泰治 二人の世界[太陽の匂い]】

6月17日から諏訪市原田泰治美術館にて新企画展が開催されます。
第一展示室では【椋鳩十と原田泰治 二人の世界 画文集[太陽の匂い]原画展】、
第二展示室では【原田泰治と巡る 47都道府県 ふるさと日本百景】が同時開催となり、大変見ごたえのある企画展です。

【椋鳩十と原田泰治 二人の世界 画文集[太陽の匂い]原画展 】
椋鳩十氏と原田氏は同じ長野県の出身で、出会ったのは1973年(S48年)でした。

椋氏が書籍を出版する際、原田氏の作品と椋氏が文章を添えた栞を制作し書籍に挟みました。
その栞を一冊にまとめた書籍が、画文集[太陽の匂い](理論社)です。
今回展示される作品は、画文集[太陽の匂い]から抜粋した作品を展示いたします。
椋氏の文章と原田氏の原画をお楽しみください。

【原田泰治と巡る 47都道府県 ふるさと日本百景】
書籍「ART BOX ふるさと日本百景 」(講談社)より、全国47都道府県を描いた作品の中から展示いたします。
原田氏が全国各地を旅をし、現地の人々と交流・取材を重ね生み出された作品の数々をご覧ください。

■【椋鳩十と原田泰治 二人の世界 画文集[太陽の匂い]原画展 】
 日  時:2021年6月17日(木)~ 9月12日(日)
 場  所:第一展示室

■【原田泰治と巡る 47都道府県 ふるさと日本百景】
 日  時:2021年6月17日(木)~ 2022年2月27日(日)
 場  所:第二展示室

 諏訪市原田泰治美術館
 〒392-0010 長野県諏訪市渋崎1792-375 
 お問合せ:TEL 0266-54-1881 FAX 0266-54-1882   
 http://www.taizi-artmuseum.jp/
 休 館 日: 月曜休館(祝日開館)、9月14日(火)12月7日(火)展示替え休館、年末年始
 その他開館時間、休館日等の詳細は同美術館へお問合せください。

埼玉県川口市 原田泰治企画展

埼玉県 川口市総合文化センター・リリアで【日本のふる里を描く 原田泰治の世界】展が開催されます。

原田氏の独特な技法で描かれた[切抜き重ね絵]や、温もりを感じられる日本のふる里、世界を雄大に描いた作品が並びます。
2020年10月21日から同年の11月8日までお楽しみいただけますので、
ぜひお立ち寄りください。

リリアのウェブサイトにて本企画展の情報掲載と前売り券の販売を行っております。※前売り券の販売は終了しました。
当日券は、会場(川口リリア1階・展示ホール)入口にて販売しております。
お問合せは川口文化センター・リリアまで。

■リリア開館30周年記念事業
【日本のふる里を描く 原田泰治の世界】
2020年10月21日(水)~11月8日(日)
川口総合文化センター・リリア
イベント情報URL:https://www.lilia.or.jp/event/2281

原田泰治展 静岡県富士市で開催

「原田泰治が描く 日本の童謡唱歌・キルト展」が静岡県の富士市文化会館ロゼシアターで開催されます。
原田泰治先生が童謡唱歌に合わせ描き上げた暖かいふるさとを感じられる原画を展示いたします。また諏訪市原田泰治美術館で恒例の「原田泰治の世界をキルトで遊ぶ 絵画キルト展」より原田泰治作品をキルト愛好家の皆さんが手掛けたキルト作品もお楽しみいただけます。
入館料は無料です。この機会に原田泰治作品に会いに来て下さい。

ロゼシアター原田泰治展

■ 原田泰治が描く 日本の童謡唱歌・キルトの世界
会 期:2019年7月5日(金)~7月15日(月祝) 休館日:7月8日(月)、9日(火)
会 場:富士市文化会館ロゼシアター展示ホール
〒416-0953 静岡県富士市蓼原町1750 TEL:0545-60-2510
入館料:無 料

チャリティー特別企画展 ーエンドポリオキャンペーンー

静岡県富士市の「横井照子富士美術館」にて
チャリティー特別企画展 -エンドポリオキャンペーン-
【原田泰治が描く 美しい日本の四季展 ピエゾグラフ】が開催されます。

ポリオとは非常に感染性の高い病気で、5歳児未満の子どもに感染しやすいウイルスです。日本では「小児まひ」と一般的に言われています。
身体のまひを引き起こす可能性がある病気です。
現在ポリオは激減しましたが撲滅させない限り全世界の子どもたちに感染のリスクがあります。
今回の特別企画展はポリオ撲滅活動を応援し、収益金の一部をポリオ撲滅活動支援として寄付いたします。

どこか懐かしく心温まる日本の原風景を描いた原田泰治先生の絵を観に、ご家族ご友人お誘い合わせの上ご来館ください。

会場:横井照子富士美術館
〒417-0809 静岡県富士市中野464
Tel/Fax:0545-36-0470
HP:http://www.yokoi-fujimuseum.co.jp/1334/
期 間  2018年9月1日(土)~10月8日(月)
開館時間 10:00~16:00
休館日  毎週水曜日 9月18日 9月25日
観覧料  一般・大学生 800円 / 高校生以下 400円

原田泰治が描く にっぽんの童謡・唱歌展

 
9月23日(土)から兵庫県丹波市立植野記念美術館で
「原田泰治が描く にっぽんの童謡・唱歌展」が開催されます。

今回の展覧会は日本の童謡・唱歌をテーマに描かれた作品が62点、
その他に絵本の作品コーナー「さだおばさん」から20点、
「ふる里の詩情」コーナーで40号50号の大型作品8点の合計90点が展示されます。
その中の1点は原田先生が丹波市青垣町を実際に訪れ取材をして描かれた40号の新作も含まれています。
キャンバスサイズは40号50号100号と大型の作品も多々並び、充実した展覧会となっています。

子どもの頃に口ずさんだ思い出の童謡や唱歌の絵を、ご家族やご友人と一緒に探してみてはいかがでしょうか。

原画を見たいけれど長野県は遠くて足を運べない方や、諏訪市原田泰治美術館での展示作品とは違う原画を見てみたい方は、
ぜひ、この機会に原田泰治の世界に触れてみてください。
丹波市立植野記念美術館は電車やバス、車など交通アクセスも良い場所にあります。

会  場:丹波市立植野記念美術館
〒669-3603
丹波市氷上町西中615-4
期  間:2017年9月23日(日)~11月12日(土)
開館時間:午前10時~午後5時[入館は午後4時30分まで]
休 館 日:月曜日
観 覧 料:一般800円、大学生・高校生400円、小・中学生200円[団体割引あり]
お問合せ:丹波市立植野記念美術館TEL:0795-82-5945(代)

詳しくは丹波市ホームページへ→http://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/haraataizi.html